• 参加
  • 相談
  • 利用
メニュー

資金貸付事業

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた特例貸付、住居確保給付金のご案内

新型コロナウイルス感染症の影響により、休業や失業等により生活のことでお悩みの方々に向けた、生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金及び総合支援資金(生活支援費)について、特例措置が設けられましたのでご案内いたします。 資金使途については、一時的な緊急資金として「緊急小口資金」を、それでもなお生活再建に至らない場合は「総合支援資金」がご利用できます。 なお、住宅支援に関しましては、家賃の一部を支給する住居確保給付金もございます。今後、生活の見通しが立たない、生活に不安のある方は、自立生活サポートセンターへお問い合わせください。  

①特例緊急小口資金(郵送で受付けます) 

    •  ・貸付金額 100,000円または200,000円(特に必要と認める場合のみ)
    •  ・据置期間 1年以内        ※ただし、令和4年3月末日以前に償還が開始となる貸付については、令和4年3月末日ま                                                    で据置期間を延長します。
      •  ・返済期間 2年以内
(生活再建に至らない場合)  

②特例総合支援資金(生活支援費)(窓口での受付となります)

    •  ・貸付金額 単身世帯   月150,000円以内
             2人世帯以上 月200,000円以内
      •  ・貸付期間 原則3か月以内
    •    ・据置期間 1年以内       ※ただし、令和4年3月末日以前に償還が開始となる貸付については、令和4年3月末日ま                                                  で据置期間を延長します。
     ・返済期間 10年以内
(生活再建に至らない場合)

➂特例総合支援資金再貸付(生活支援費)(窓口での受付となります)

     ・貸付金額 単身世帯   月150,000円以内
             2人世帯以上 月200,000円以内
        ・貸付期間 原則3か月以内
          •  ・据置期間 1年以内
           ・返済期間 10年以内
(生活再建に至らない場合)

➃住居確保給付金(窓口での受付となります)

    •  ・支給金額 単身世帯36,000円、2人世帯43,000円
             3~5人世帯 46,600円
            ※支給金額は上限額です。
    •  ・支給期間 原則3か月
(生活再建に至らない場合)  

自立生活サポートセンターへお問い合わせください。

 生活状況を把握したうえで、自立支援プランを作成し、関係機関と連携しながらサポートさせていただきます。  

相談時のお願い

※予約なくご来館されるとお待たせしてしまうことがあるため
 事前予約をお願いします。
 

つなぎ資金

金額

30,000円以内

対象

市内に6か月以上居住し、低所得のため不時の出費などにより 生活の維持が困難な方

利子

無利子

生活福祉資金

1~4の種類があり、それぞれに応じて対象・利子が異なります。

  • 総合支援資金
  • 福祉資金
  • 教育支援資金
  • 不動産担保型生活資金
全国社会福祉協議会 生活福祉資金

連帯保証人などいくつかの要件がありますので、詳しくは知多市社会福祉協議会へお問い合わせください。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

0562-33-7400

FAXでのお問い合わせ

0562-32-1479

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

〒478-0047 愛知県知多市緑町32-6
知多市福祉活動センター内

一番上に戻る