• 参加
  • 相談
  • 利用
メニュー

ボランティアってなあに?

ボランティアとは

“ボランティア”の語源は、ラテン語の”Voluntus”や”Voluntarius”だと言われています。
その意味は、「自由意志・自ら進んでやること」。
ボランティアは、一人ひとりの自発的な意思にもとづいて、地域社会を住みよくする活動や他者を支える活動などの社会的活動に携わることといえます。

ボランティアは、福祉の分野に限らずとても幅広いものです。それぞれの関心、技術、状況、生活条件、活動を行う時間、場所、頻度、回数、方法などで、 さまざまな参加形態が考えられます。自分に合った活動を行ってみましょう。

<例>

  • 活動場所:自分の住んでいる町、近隣の市町村、近隣の都道府県、海外など
  • 活動方法:日常生活の延長、特に技術を有しないこと、専門性を発揮することなど
  • 活動期間:1度きりのイベント、定期的に実施されるもの、期間限定のものなど

ボランティア活動の4原則

1.自発性・自主性

他から、強制・強要されることなく自分自身が主体的に考え、自らの意志のもとに実践にあたりましょう。

2.無報酬性

報われることを期待したり収入を得るための活動ではありません。

3.継続性

気が向いたときにする活動では困ったものです。計画的に継続性をもって行動しましょう。

4.社会性

特定の個人や団体の利益のためではなく、広く社会のために行う公共性のある活動です。

ボランティアの心構え

ボランティア活動をするときの心得として、次のような点を考慮していただくと良いと思います。 さあ、「できるときに できることを できるちからで」始めてみませんか。 きっと、あなた自身の何かを気づかせてくれることでしょう。

自分の身の回りのことから始めてみましょう

あいさつをしたり、お年寄りや妊婦さん、身体の不自由な人に席をゆずったりなど、気負わずできることから始めてみましょう。

約束は守りましょう

ボランティア活動は、人と人との信頼によって成り立つものです。活動の場での約束は必ず守り、責任ある行動をとりましょう。

相手のニーズ(求めていること)に合わせて活動しましょう

自分勝手な行動を行わず、相手の求めていることなどを自分自身の立場におきかえて活動しましょう。

無理のない計画をたてましょう

ボランティア活動に無理は禁物です。生活リズムをくずさず、自分やグループの力量にあわせた、無理のない計画をたてて活動しましょう。

秘密は守りましょう

ボランティア活動を通して、いろいろな人の悩みや問題の相談を受けることがしばしばあります。個人のプライバシーなど秘密を守ることは、活動における相互の信頼関係を深めるために不可欠です。

まわりの理解と協力を得ておきましょう

家族の理解と協力を得ておきましょう。また、職場、学校などで理解と関心をもってもらうことがボランティアの輪を広げることにもつながります。

謙虚さも大切にしましょう

善意というものは、押しつけになればかえってマイナスです。決して“してあげる”という発想でなく、協力者であるという立場でたえず尋ねる姿勢、学ぶ姿勢が必要です。

宗教や政治活動とは区別しましょう

自分の信仰している宗教や支持している政党などを、ボランティア活動の中で相手に勧めたり強要したりしてはいけません。信仰の自由、思想・信条の自由をお互いに守り、尊重しましょう。ボランティア活動と人権尊重の精神は、密接に関連していることを意識しましょう。

たえず学習し、自分を成長させる努力をしましょう

ボランティア活動を続けていると、いろいろな問題にぶつかります。活動の反省・評価を行い、次の活動がより効果的に行われるように、常に学習に努めましょう。

安全対策に充分配慮しましょう

万一の事故に備えて安心して活動できるように活動場所の点検をしたり、事故が起こった場合などの対応を学習したりすることも必要でしょう。

なりたくない! こんなボランティア

責任逃れボラ

「ボランティアだもん、しょうがないじゃん」と責任のがれする。

善意押し付けボラ

相手が嫌がるのも構わずに善意を無理やり押し付ける。

あわれみボラ

「かわいそうに・・・」と相手がみじめになるのも構わず哀れみをかける。

自己満足ボラ

現状に満足してしまって活動に疑問を感じない。

しぶしぶボラ

自分は好きでもないのにやってあげてるのだと言い何かというと愚痴がでる。

お墨付き欲しがりボラ

活動を行政機関等に認めてもらおうとすり寄る。

なんでも要求ボラ

「私たちはボランティアだから」と、何でも強引に要求する。

お客様ボラ

依頼主が接待役をやらされる。「お茶くらい出しなさいよ」

悪口ボラ

活動の対象者の悪口を平気でいう人。

こだわりボラ

「ボランタリズム」をことさら聖化しそれをひけらかす。少しでも「不純」な活動グループを見つけると軽蔑の色をあらわにする。

お問い合わせ

知多市総合ボランティアセンター

電話でのお問い合わせ

0562-39-0800

FAXでのお問い合わせ

0562-39-0820

〒478-0047 愛知県知多市緑町12-1
知多市市民活動センター内

一番上に戻る