• 参加
  • 相談
  • 利用
メニュー

社会福祉体験学習

市内の社会福祉協力校における福祉体験学習を通じて、「障害の有無や高齢などに関係なく、共に暮していく」という考え方を学びます。

学習内容

視覚障害 盲人ガイドヘルプ体験

短期プログラム

車いす、手話、点字、ガイドヘルプ、要約筆記、盲導犬、高齢者擬似体験、介護技術体験、災害対策啓発など

中期プログラム(災害啓発)

数回にわたり、災害の基礎知識を学びます。災害に備えること、自分(生徒)たちにできることを考えていきます。

長期プログラム(高齢者理解)

数か月にわたり、時間をかけて 理解を深めていきます。高齢について学び、学校の希望もふまえて内容を決定するものです。

身体障害 車いす体験

聴覚障害 手話体験

一番上に戻る